今週のお題「桜」

今週のお題「桜」

 

さて、はてなブログというのも初めてなわけでして「今週のお題」なるものに従って記事を書く、というのもひとつの手らしいのですが。

新居に越してきてからというもの、いろいろ忙しいことが多くて春を満喫する余裕もないと思っていましたがこの土曜日で花見に行ってきました。

 

場所は岡崎城公園。

ここは、かの有名な徳川家康公の生まれ育ったお城として有名です。

愛知に引っ越してきてすぐの私は当初、そんなお城であるとはつゆ知らず「お城巡りの中の一つ」くらいの感覚で一度訪れています。

 

日本には数多くのお城が各地にありますが、有名なお城には決まって近くに川が流れています。

これは、当時の物流の主流は水路を使っていたからというのと、外堀に水を引くために川の近くに築城する、川も堀の一部として利用し容易く攻め入れられないようにする、などさまざまな理由があります。

 

岡崎城も例にもれず川の近くに築城されていますが、この城は他とは一風変わった様相を呈しています。

それは、乙川(菅生川)と矢作川の合流地点に築城している点。

僕が今まで見てきた城でそういった佇まいの城はなかったのでとても新鮮でした。

 

三角州の中ほどに建てられた岡崎城は...

 

っと、いかんいかん。

花見のことを何にも書いてないやないかーい。

 

桜の話であるが、岡崎城はなんと愛知県のなかでもかなり有名な桜スポットでもあります。

過去に2度、岡崎城公園桜まつりにお邪魔していますが桜が満開のときは息をのむほど一面に桜が咲き誇ります。

一度は目にしておいて損はないでしょう。

 

そう、愛知の桜といえば僕は「五条川の桜並木」を推したいところ。

日本の桜百選に選ばれているここの桜は、町中にひっそりと生い茂る桜並木である。

川の全長28㎞のうち15㎞が桜並木になっている全国的に見てもなかなかお目にかかれない桜の名所。

 

僕は川の続く限りの桜並木というものが好きで好きでたまらない。

手には缶ビール、焼き鳥を持って桜に酔いしれながら一日中川沿いを練り歩くのだ。

これ以上の贅沢があろうか。

 

行ったことのない方は是非一度どうぞ。