IHフライパンと焼きそば

私の家のコンロはIHクッキングヒーターである。

IHのとても気に入っている点は、ガス式のように複雑な形状をしていないので、手入れが簡単でめちゃくちゃ綺麗に使えることだ。

また、料理しないときは物を置いたりもできてとても良い。

 

近場のホームセンターで安いIHフライパンを買ってきて使用しているのだが、IHはとても火力が強くて、設定温度にすぐに対応した温度がコンロから出力される。

しかし、熱せられる部分はとても局所的で、フライパンの全体に熱が伝わるより先に中心部分が熱くなってしまう為に変形してしまう。

 

私の今使っているフライパンは中心が凹んでしまい、平坦な場所ではくるくる回ってしまう状態だ。

昨今、大体の悩み事はネットで調べれば解決策が載っている。

これに関してもごくありふれた悩みであろうと言うもの。

案の定、プラスチックハンマーか木槌で叩けば治るらしい。

後日治してからまたブログに書く事にする。

 

 

まあ、そんな感じで日々料理しているわけですが今日は初めて日清の袋麺で作る焼きそばを作ってみることにした。

私はカップラーメンよりカップ焼きそば派である。

袋麺もそんなに好きではなかった。

従って袋麺の焼きそばとはどう言うものか、とても気になっていた。

噂ではとても美味いらしいし。

 

作り方を見るやそんなに難しいことなどない。

とりあえず指示通り作ってみることに。

フライパンに水を投入して沸騰させる。

麺を入れてほぐす。

水分が少なくなってきたら粉末ソースを入れる。

ふむふむ。

 

粉末ソースを入れた瞬間の、あの香り。

カップ焼きそばと同じ香りがした。

そしてトッピングが青のりである。

完璧である。

 

味にはなんの問題もなかった。

むしろこれに好きな具材と一緒に掛け合わせて作ればより美味しい焼きそばが作れるではないか。

素晴らしい。

 

水の分量と茹で時間を調節してやれば固めの焼きそばにもできそうである。

(私はたまにカップ焼きそばの湯切りを1分半で作ることがあるくらいだ)

 

様々な可能性を感じさせてくれた袋麺の焼きそば、今後の経済難を救ってくれるのは此奴かもしれないと期待したい。

日時計2

20200507

 

昨日は生憎の雨だったので測定中止で雲台作りでもやろうかと言うところだったが、近場のホームセンターでいろいろ物色した結果、作れないことはないがちょっと値が張るし構造が複雑化することが分かった。

 

もっと単純に作れないこともないが、強度的に不安が残る。

 

また、色々な測定をしていく中で思ったことがあった。

そこまで正確な測定でなくても良いのではないか?

 

確かに、やるならちゃんとしたものを目指したいが、最初から気合を入れ過ぎてしまうとすぐに燃え尽きて飽きてしまい成果が出る前に投げ出してしまう可能性があった。

 

従って今の環境でなるべく簡単に、かつある程度正確に測れる方法を考えた結果、「公園の椅子の上に紙を広げて点をプロットしていく」と言う方法に落ち着いた。

 

基本的に今知りたい情報はいくつかあるがその中でも特に簡単に求められるのは「影の頂点軌道がどのような円弧を描くか」と言うものだ。

 

また、それと同時に春夏秋冬で影の傾き方がどうなるかを知れれば良いと言うことにする。

 

その為には決まった場所で決まった角度で決まった測定機材を使う事だ。

測定に差分を減らせば測定対象の差分抽出が可能である。

 

 

今日はよく晴れた日であるがとても風が強くてうまく測定するのが難しかったので正午付近の時間に絞って測定を行った。

すると、Googleマップの北向きの角度と微妙にズレていることを発見した。

 

と言うのは、ちょうどお昼12:00に太陽が真南の方角へあるはずだからその影の向く方向が真北になるはずだ、と言う推理であった。

ところが、マップと見比べてみると影の方向は微妙に東向きになっているのである。

 

何故なのか気になったのでおぐぐり遊ばせしてみたところ、日本の標準時間は経度135度を基準に定めているので、それより東に位置する場所から見た正午の太陽は若干西方面へズレて見える、と言う事だった。

 

経度135度は大体神戸市を中心に貫いている。

現在地が名古屋である。

名古屋はだいたい経度136.9度あたりに位置するから、差分の1.9度分、西方面へズレて見えると言うことになる。

 

では名古屋から真南を望む為には何時何分をターゲットにすれば良いのか?

地球の自転は24時間で360度回る。

時→分 に換算すると24時間→1440分 である。

1度回るのに何分かかるかと言うと、

1440 / 360 = 4分 (240秒)

従って、1.9度ぶんの時間を巻き戻した時刻が名古屋の真南に太陽がいる時間となる。

計算すると、

1.9 × 240 = 456秒 (7分36秒)

12:00 - 7分36秒 =11:52;24

つまり、11時52分24秒に真南に太陽がいることになる。

11:50〜12:05まで測定した結果から、11:50〜11:55までの間のプロットを真北として測定板を測定場所に置くと、だいたいGoogleマップの方角と等しくなる。

 

因みに、方位磁石アプリで二台のスマホで真北をみると西に20〜30度ほどズレていた。

何故かはよく分からない。

GPSや内部ジャイロなどの関係で、場所によってうまく真北を指せないのかもしれない。

 

ともかく、今回の測定での一番の収穫は「日本標準時と経度差分が日の傾きに影響している」と言う事実を確かめられたことだ。

 

次に目指すのは下記に挙げる通りである。

・丸一日に渡って影のプロットを作った際の曲線を描くこと

夏至の正午の傾きから地軸の傾きを計算すること

 

日時計

20200505

本日は日時計を作って観測していました。

と言っても午前中まるまる寝てしまったので午後からの分しかデータがありませんが。

 

以前から日時計を作ってみたいなと言う気持ちはあったのですが、作り方や仕組みが分からずやる気も出なかったので何も手をつけていませんでした。

 

世間はコロナ禍の中、せっかくのGWなのに何もできずにいることに耐えられなくなって、部屋掃除しながらやりたいことを探しつつ日時計を作るに至りました。

 

今年の夏至は6/13らしく、そこに向けてデータを取っていったら面白いかなーと言うのが一応のゴールです。

 

測り終わってしばらく考えていましたが、地球の地軸は23.4度傾いているってのはとても有名な話しですね。

この傾きを調べるために、夏至の正午の影の傾きを調べて緯度分を引いてやれば23.4度に本当になるのか調査しようと思いつきました。

 

今行なっている観測方法は高さ10cmの竹ひごを段ボールで垂直に立てて頂点の影をプロットするやり方で進めています。

5/5現在の時点では正午の日の傾きは大体76度くらいになっています。

現在地が北緯35度付近になるのでそれを引いてやると41度になります。

夏至の正午には68.4度まで傾きが低くなるのかな?

追って報告します。

→書いた後に思いました。多分春分の日秋分の日に68.4度になるでしょう。

 

・観測について

観測上、水平に板を置いて測定する必要があり、カメラの三脚を使って水平を出そうとしましたが、雲台を作っていざ、となったときに雲台の傾きが影響してうまく測れませんでした。

やはり段ボールで作るのは難しかったようです。

現在、雲台を作るか別の方法を編み出すか考え中です。

北海道ツーリング

◼︎北海道ツーリング

期間 2019/8/10(土)〜17(土)

 

<事の経緯>

当初は四国に行く予定であったが台風の影響により西日本は無理になったため、急遽無計画な北海道ツーリングを敢行することとなった。

 

この記事は大型連休での僕の行動を綴ったものになります。主に個人のメモ用ですので「ふーん」くらいのスタンスでよろしくお願いします。


・8/10 : 名古屋 N先輩が勤続年数10年目と言うことでいいお肉を貰ったため家で焼肉(14:00〜19:00) 旅支度をし、出発(22:00) ロープの縛りが甘くてチェーンに引っかかりチェーンガードを破損 家に戻ってチェーンガードを外して再度出発(24:00)

・8/11 : 名古屋-神奈川 夜通し走って神奈川到着(6:00頃) 三浦半島の海岸線を回ったがテント泊出来なかったのでお昼頃ネカフェで寝る 夕方から青森へ向けて出発(17:00頃)

・8/12 : 神奈川-青森 夜中2〜3時頃に福島でしんどくなって少し寝る 明け方再出発で青森に23:30頃着 そのまま青森でテント泊

・8/13 : 日中は青森観光 アスパムねぶた祭りや郷土人形日本画などを観る 昼は銭湯とホタテ焼き 夜は味噌カレー牛乳ラーメン 19:10発の津軽海峡フェリーで青森-函館 深夜0時着

・8/14 : 函館 深夜0時から宗谷岬に向けて出発 途中バス停で寝る -稚内 宗谷岬到着 17:30頃 (多分) 稚内ホクレンでブルーフラッグゲット 無料キャンプ場で一泊

・8/15 : ホクレンフラッグ集めつつ稚内-札幌-苫小牧 結局東側を回りきれず 苫小牧-23:30に出航 

・8/16 : 台風の煽りを受けつつ船は南下 予約した食事は微妙 船の揺れで風呂の湯が波打つ、体重計の針が振れて体重わからない 到着6時間遅れで翌日2:30に敦賀

・8/17 : 2:30-敦賀着 とりあえずテント泊の場所を探すも無理だった 琵琶湖を一周 彦根城疲労困憊で帰宅

エコデンカーとはなんぞや

お久しぶりです。

さて、今回書きたいことは僕のやりたいモノづくりについてです。

 

私の専攻は電気工学ですのでそれに因んだ何かをしたいと常々思っておりました。

パッと思いつくものを挙げると以下のような感じ。

・自作アンプ

・自作スピーカー

・自作ラジオ

・自作モーター

・自作インバーター

・ライントレーサー

ロボコン

・ロボフト

などなど。。。

 

その中でも特にやりたいと思っているものがあります。

それが「エコデンカーレース」です。

どんなものかというと、人を乗せて走る電気自動車を作って時間内にどれだけの距離を走ることができるかを競う競技です。

 

概要は以下のような感じ。

車両の電源はバイク用の密閉式バッテリー1つ。(大会運営側から支給される)

それ以外の補助電源はナシ。

全長3m以下、ブレーキ2つ、警告用のベル、後方確認用のミラーなどが必須。

ドライバーの体重が60kg未満の場合はウェイトを持たせて60kgに合わせる。

一周約300mのオーバルコースで周回数を競う。

同周回数の場合先にゴールした方が上の順位になる。

一般モーターの部、ワイパーモーターの部は混合で走行する。(かなりスピード差があるのでちょっと危険)

※一般モーターの部とは、要はなんでもありの魔改造部門みたいなものです。

※ワイパーモーターの部とはその名の通り、車のワイパーに使われているモーターを使用して作成された車両の部門です。

HP

http://www.osaka-c.ed.jp/izumi-t/3/teijisei/ecoden/ecodentop.html

 

この競技に興味を持ったのは高校の部活動で実際にやっていたからなのですが、当時の私の知識では電気回路の部分が完全なブラックボックス状態で、”ガワ”だけを作成しモーターとバッテリーを接続して車体に載せ、ただ走るだけというなんとも心残りの多い経験を残したまま卒業してしまいました。

大学を卒業し、新社会人になった今、もう一度エコデンカー製作に挑戦したいという気持ちが再発してきたので時間をかけて完全自作の車両を作ろうと思いました。

 

私のエコデンカー製作にあたり、1番やりたいことは決まっています。

・三相ブラシレスDCモーターのモータードライバを自作すること

 

知らない人にとっては「三相でDCとは?」と言う疑問符がついている事でしょう。

実際、このモーターは直流電源で動作する三相交流電動機であります。

何をしているかと言うと、モーターに直流から交流を作り出す回路が内蔵されていて、それのおかげで直流電源でも交流モーターを動作させる事ができると言うシロモノです。

 

私が作りたいのは「直流から交流を作り出す回路」いわゆるインバーターと呼ばれる部分なのですが、何故わざわざ直流モーターを使わないのか?と言うとそれは、三相ブラシレスDCモーターは直流モーターに対して以下の点において特に優れているからです。

接触子がないので機械的ロスが少ない

接触子がないのでメンテナンスが不要

・制御性に優れている

・高効率である

 

特に、制御性に優れる点については特筆すべきものがあり、やれることは色々あるのですがそれはインバーターが完成してからの話なのでまた今度。

 

とりあえず今回は私のやりたい「ものづくり」について書いてみました。

まぁインバーター製作は全くの無知から始めるので体力と時間が追いつかないことも多いと思います。

それ以外でもちょいちょい調べながら遊んでいるのでちまちま更新していきます。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

書く力

さて、今日は文章を書く力について触れてみたいと思います。

 

文章を書くという行為は小中学生の頃の僕にとって苦痛で仕方ありませんでした。

そんなことを好き好んでする奴の気が知れないと思ったりしていて、何かしら行事のあるたびに感想文を書かされた小学校4年の担任の先生の事などいまだに恨めしく思っていたりします。笑(今読み返してみるとめちゃくちゃ面白いのでいい思い出になっています。)

 

そんな僕が今になってブログなどという御大層なものを始めるなど想像できませんでしたが、ある本との出会いで文章に対する見かたが大きく変わりました。

それは、斎藤孝(著)の「原稿用紙10枚を書く力」 という本です。

https://www.amazon.co.jp/原稿用紙10枚を書く力-斎藤-孝/dp/4479791000

 

細かい内容は忘れてしまいましたが、「とにかく原稿用紙10枚分の文章をまずは書くこと」みたいなことが書かれていたと思います。

駄文でもなんでも10枚分を書けばいいわけですが、それでもなかなか大変な作業です。

これはやればわかるのですが、人は意味のない文章を10枚分も書くことなんてとても不可能です。

 

そんなあるとき、、、

 

>>>>>>>>>>

 

 

突然ですが、今まで書いていた記事の内容が投稿出来ずにすべて吹っ飛びました。

頭の中も真っ白です。

何について書いていたのかは覚えていますがもう一度同じ文章を書けと言われても到底無理な分量を書いていたのでもう投げ出しついでにこんな駄文を書いています。

 

いったい何が起こったのか、これを読んでいる人には急展開過ぎて状況がうまく呑み込めないでしょうが、要はこのブログの投稿第二回目と同じ状況に陥ってしまったということです。

でも幸い下書きが残っていたのでそこから書き足している状況です。

 

くっそー、コメダ珈琲め!!!

WIFI環境を提供してくれるのはいいとして、こんな不安定な環境を使ってちゃおちおち長文書きなぐって投稿もままならんじゃないかこのっ!

だがもう後には引けん。

この文章でも記事は記事にして見せます。

僕は本気です。

なんたって今回のお題は「書く力」なのです。

 偉そうにお題目掲げておきながら描き切らなかったら何の意味もないじゃないか!

ちゃんとしたネット環境を用意しない自分の過失には目を背けつつ、とはいえもう書く気力なくしたので今日はここまで。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございます。